«

»

4月 13

パイピングとは縁取り

パイピングとは縁取りともいえます。この縁取ったことにより、バッグの様子が生きてきます。そしてある色の生地から別の生地を合わせようとするときに、違う色で縁取りが出来るのです。この話からも三色の色が出ましたが、多くの部分を縁取ることにより、多様な色をつくりだし、楽しめます。

バッグ修理のためにパイピング修理を依頼する訳ですが、このようなデザインにしたいという考えも良いのです。店によっては出来ない店もあるかもしれないです。パイピングを利用して様々な色を楽しみ、そして新たなバッグを想像してもらえたらと思います。

まずはパイピングは縁取りということを理解して、縁取られていないとバランスが悪く、修理の必要があると感じます。皆さんは、気に入ったバッグやカバンがあるはずです。しかし、これをいつまでも長く使うことは出来ませんので、修理をして新しく使うのです。その先駆けとして、パイピングを施すことを重要にします。それは、なぜかというと物と物の違いを、はっきりと分けていることになります。明確に分けることにより、縁取りが生きてきます。このようにパイピングのことを気にとめていない方もいるはずです。しかし縁取られたバッグは映えていると感じるはずです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket